うつ病の症状を知り予防や早期治療のきっかけにしよう

  1. ホーム
  2. うつで体に現れる症状

うつで体に現れる症状

カウンセリング

うつ病にかかってしまったときに体に現れる症状を知りましょう。体にどのような症状があらわれるのか事前に知っておけば、症状が重くなる前に病院に相談することが可能です。
うつ病で体に現れる症状でよくあるのが、睡眠に障害が出てしまうという人です。睡眠障害といってもいろいろな種類があります。まず、中途覚醒です。中途覚醒とは、睡眠中ちょっとしたことで直ぐに目が覚めてしまうような症状です。寝ている間にときどき目を覚ましてしまうので、休んだ気にならず、体力も回復しません。昼間に耐え難い眠気に襲われることもあります。また入眠が難しくなるという症状もあります。寝ようとしてもなかなか寝付けないというものです。寝付くまでに普段よりも1~2時間長くかかってしまうという状態が2週間前後続いてしまうという人は、適切な医療機関で診察を受けましょう。また、これとは逆に、過剰に睡眠を取ってしまうという人もいます。睡眠時間が長すぎるという人も問題で、睡眠障害である可能性があります。
食事の量が増えたり減ったりという変化も、うつ病の体にでる症状の一つです。よくあるのが、食事が美味しくなくなり、食べる量が極端に減ってしまうというものです。食事の量が減ってしまうと、体を正常に働かせる機能がどんどん衰えてしまいます。反対に、たくさん食べすぎてしまう人もいます。ストレスから過食になってしまうのです。食欲が増え、体重が急に増加しているという人は、うつ病かどうかを疑ってみましょう。その他には疲れがなかなか抜けないというのもうつが引き起こす体の症状の一つです。通常の疲労であれば、睡眠をたくさん取れば、疲労感が取れることが多いですが、うつ病が引き起こしている倦怠感の場合は睡眠をいくら取ってもだるさが消えることがなくなってしまいます。血液の流れが悪くなってしまうこともあります。うつ病の場合は自律神経のバランスが崩れてしまうので、血液の循環がうまくいかなくなってしまうのです。血液の循環が上手くいかないせいで体にさまざまな不調が出てしまいます。その結果、腰痛や関節痛などといった痛みが現れることもあります。血液の循環に支障が出ることによって、運動機能にも障害が出てしまうことがあります。以前よりも口数が少なくなったり、落ち着きがなくなったりする場合はうつ病の症状である可能性を疑ってみましょう。