うつ病の症状を知り予防や早期治療のきっかけにしよう

カウンセリング

うつで体に現れる症状

うつ病で体に現れてしまう症状にはどのようなものがあるでしょうか。いくつか紹介していますので参考にしてください。うつ病になると睡眠障害や血行不良、運動機能の低下など、さまざまな不調がでる可能性があります。

ハート

職場で起こるうつ病の原因

仕事が原因でうつ病の症状を発症してしまう人はとても多いです。どのような場面でストレスを感じてしまう人が多いのか紹介しています。職場が精神的重圧になっているという人は医療機関で相談してみましょう。

うつ病の症状について

フラワー

うつ病は近年のストレス社会が抱える大きな問題となっています。うつ病は再発率が高く、重度になればなるほど治るのに時間がかかり完治も難しいです。では、どういった対策をすればよいのでしょうか。一番いいのはうつ病の症状が重くない初期の段階で適切な医療機関で受診をすることです。そのためにはうつ病の際には心にどのような症状が現れるのか知り、自分で早めに違いに気づけるようになりましょう。うつ病の症状として気分障害というものがあります。気分障害とは、自分の心と体が別々の反応を示してしまうものです。うれしいときやおかしいときに素直に笑ったり、悲しいときに素直に悲しんだりすることができなくなってしまうのです。もちろん、誰しも一時的に気分が下がり、素直によろこんだりできなくなることはあります。しかし、うつ病の場合はこの気分障害が重度になり、対人関係に大きな影響を及ぼすほど、感情が表に出なくなってしまうのです。この状態までくると、かなりうつ病の症状が進行していると考えられるので、周りの人が気づいてあげることも大事です。また、意欲の低下もうつ病でよく知られる心の症状です。仕事にやる気が出ない、家で家事をするのが面倒くさいというようなことは誰にでもあると思いますが、うつ病の症状が出始めるとこの気持が増加してしまいます。朝起きる、学校や仕事へ移動する、お腹が空いたら料理をしてご飯を食べる、こういった日常生活で避けては通れないことができなくなってしまうのです。また、意欲低下でよくいわれるのが、いつも没頭している趣味などに急に興味が持てなくなってしまうというものです。何か好きだったものがいきなりどうでもよくなってしまったという人は、うつ病の初期の症状の可能性がありますので、適切な医療機関に相談をしましょう。
うつの心の症状として思考力の低下というものもあります。脳内の神経伝達物質の働きがおかしくなり、考える力の低下が起こるのです。脳内伝達物質の変化により、海馬が上手く機能しなくなり、物事が覚えられなくなるのです。ここから意欲低下が起こり始めます。物事が思い出せないという人は、うつのセルフチェックなどをネットサイトから探して行ってみてください。

木

身近な人がうつ病を発症

家族など、身近な人にうつ病の症状が出てしまったときは、一体どのようなことに気をつければよいのでしょうか。うつ病が体の病気であることを認識し、適切な行動がとれるようにしましょう。

相談

うつ病を再発させない

うつ病の症状が一旦出てしまうと、回復してからまた再発してしまう可能性があります。再発してしまわないように、どのようなポイントに気をつければよいのか知りましょう。